社長ブログ

人的ネットワークの構築とは

こんにちは、今日も人生を楽しんでいる高木です。

 

経営に大切なフレームワークに「人」「物」「金」「志」があります。

枠組みとしてのレベルは一段下層になりそうですが、「人的ネットワーク」も大切な要素になることは間違いありません。コミュニケーションの方法は多様化していますから、実際にお会いしたことの無い方とでも信頼関係を築くことは出来るでしょう。

 

人的ネットワークの構築で得られるものは「情報」「仕事」「金」「人」などさまざま。

 

このさまざまという部分に、抽象感が強く即効性を求める人は重要視しない事が多いかもしれません。実際、自分の能力には限界があり、これまで多くの人に助けられたという感覚が強い人は繋がりを意識する傾向にあるようです。

 

ですが、なんでもかんでもコミュニケーションをとろうと思ったら、自分の首を絞めるだけなので、目的を整理する事が大切だと思います。たとえ打算的な人だと思われても。

 

つまり、自分は事業のお金を集めたいと思っているのか、仕事の繋がりを広げたいと思っているのか、など目的を決定することから始めなければ、飲み会も単なる酔っ払う為の場で、それだと自宅で妻の手料理とちょっとのお酒を楽しんでいるほうが僕は好きだ。

 

僕は現在2つの目的をもって交流を意識しています。

 

ひとつはトレンド情報。サービスマネジメント、ガバナンスの事例、経営者の成功談・失敗談、など。

ふたつめは、お金の情報。これはデッド(銀行の融資)よりもエクイティ(投資)による資金調達先を見つけたいというもの。これはなかなか直接の投資なんて得られないので、情報と言ってもいいかもしれません。

 

昨日は業界の有志たちの集まりに幹事として参加。

IMG_20150127_004327

 

 

 

 

まだまだゆるい集まりなので、今後の拡張性に期待しつつリラックスした時間を過ごす事が出来ました。

 

婚礼業界もwebマーケティングが重要視されてから数年が経過されています。プロダクト(商品単体)に差別化しにくい業界では、ターゲットに良質なイメージを定着させることにお金が集まりやすくなっていてるのですが、トレンドが早すぎてついていけない会社が脱落していくケースも少なくありません。

 

最近は口コミサイトが主流となりつつあるwebマーケは、これまでの自社発信プロモーションに信憑性を感じないユーザーが多くなっている事を象徴しているのでしょう。

 

この口コミを自作自演するサービスがあるらしく、各メディア(新聞・雑誌・ウェブ)の取材記事を購入するという会社が現れて、いかにも良質な商品だという事を第三者が認めているという取材風広告が流行っているらしい。

 

もちろん、これまでにも似たようなサービスはありましたが、殆どは自作自演だということがユーザーにも判別つくレベルだったものと一線を画す内容だという。

 

プロダクトよりもマーケが重要視される業界は、衰退期の強いシグナルだとは思いますが、このトレンド加熱するのかを見守りたい。

 

DSC_0245DSC_0248

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回利用した会場のフラワーショップで妻のお土産を購入して帰宅。

 

1月もあと数日、今月もまだまだがんばるぞ!

 

 

≪株式会社クラフトパートナーズの社長ブログ≫

 

 

 

 

 

 

 

 


BACK TO TOP