社長ブログ

成人式

大雪での大渋滞中、ずっとニッポン放送のラジオ(AM放送)を聴いていました。

 

 柿花さんの「あなたとハッピー」~松本ひでお「情報発見ここだけ」までずっと、ほのぼのとした番組構成で楽しく運転する事ができました。

 

各地の成人式の話題が多かったのですが、成人式は私たち大人の先輩も「大人とはなにか」を考える良い機会ですね。

 

ある人は「中学生くらいから社会での役割を自覚し、家庭内での仕事を受け持ち少しずつ1人の人間として認められるようになってくるが、権利や義務なども含めて社会の中で完全に認めてもらえるようになる、いわばフルスペックの状態に完成されるのが20歳」だと表現していました。

 

そしてある人は「大人とは精神的な部分を示し、成人は年齢的な表現に用いられる事が多い。大人になるというのは社会は1人では無いという事を自覚し、共存する事を意識して生活できる人の事を言うのではないでしょうか」と言っていました。

 

 

人によって20歳のとらえかたは様々。

 

15歳だって立派に責任ある行動をとって生活している人はいる訳だから、僕なりに20歳のイメージは「これから悪い事したら、死刑も含めて実刑にしちゃうよ」という司法の配下に置かれたという点が大きい。

 

社会のルールに縛られると考えるより、自らにルールを課すような自立した成人になれるといいですね。

 

新成人だけでなく、僕も「大人のバイブル」を読み直す、よい日となりました。

 

さあ、きょうもがんばっぺ! 

 

 

 【生い立ちビデオ・結婚写真 / 株式会社クラフトパートナーズ】


BACK TO TOP