社長ブログ

誕生時間

年に一度、誕生日がくるように、一日に一度、誕生時間が来ます。

あなたは何時何分にこの世に生まれましたか?

あれは寒い夜中だった…。

夏の熱い昼下がりだった…。

… そのときの母のぬくもりを、父のまなざしを、想像してみませんか?

さぁ、もうすぐあなたが生まれた時間ですよ。

お誕生時間、おめでとう。

時に、トキメキを。

【これは宝石時計会社「長野」の広告で使用されたコピーです】

 

 

自分は何時何分に産まれたのか、聞いたことがありません。

でも、娘が産まれた時間は知ってます     

「7:21」
初夏の早朝は、どんよりした曇り空。じめっとした空気が廊下まで伝わってくるようだったが、自分ではそれをミステリアスと感じていました。

我が子が産まれてくる期待よりも、不安のほうが大きかった記憶が鮮明に残っています。

当時は自分の仕事に自信が持てずにいた頃、妻から「妊娠したよ」の言葉にびっくりし、素直に喜ぶ事ができませんでした。

「このままの自分で本当に養っていけるんだろうか・・・」

「家族を幸せに出来るんだろうか・・・」

明日の7:21に五歳になる娘を今朝見つめながら、この五年間を思い出しました。

「娘が産まれたことで今まで以上に踏ん張れたし、仕事に自信をもって取り組んでこれた。」 

人生の中で一番幸福を感じれた五年間。

家族の父親として「養う事」や「幸せを感じる事」は決して経済的な事ではなく、お互いを思いやり、楽しく生きる事を共有することだと、この五年間で妻から教わりました。

社会情勢や景気によって、ましてや毎月の給与によって家族の絆は変化するものではありません、

冒頭のコピーを見ていると、月日の意味というか時間のありがたさをとても感じます。

自分の仕事は「門出」や「記念日」を残す仕事です。

あの時の自分たちはどんな思いだったろうか・・・

自分たちを見守るみんなの表情は・・・

さぁ、ふたりが結婚した時間ですよ。

ごけっこん、おめでとう!

思い出に トキメキを   

写真とビデオと演出のクラフトパートナーズ
 

この秋も宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

クラフトパートナーズ http://www.craht.net/

 【生い立ちビデオ・結婚写真 / 株式会社クラフトパートナーズ】


BACK TO TOP