社長ブログ

誰の為に何をする

「 国があなたのために
何をしてくれるかではなく、
あなたが国のために何ができるかを
問おうではありませんか。 」

第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディの就任演説の一文です。
野田総理が今この演説を行ったら波紋が起きるかもしれませんが・・・

自分の仕事を、社員(会社)のせいにする。
自分の暮らしを、国のせいにする。
ウェディング業界の変化を、ゼクシィのせいにする(笑)

思い起こせば、自分は誰かのせいにする達人です・・・

自分だって、その一部を担っているはずなのに、自分より大きなもののせいにするのは楽だから不平不満を言ってしまいます。

もし変えないといけないと思ったら、社員(会社)を変えるべきは自分であり、国を変えるべきも自分なのだと。

私の数少ない読書の一冊、スティーブンコヴィ著の「7つの習慣」には、『主体性の発揮が影響の輪を広げる』という章がありました。つまり、一見変わりようの無い環境でも、自らの意識と行動で変えられるというでしょうか。

これから自分達を取巻く環境はもっと厳しいものになっていく、と批判するよりも自分が出来る事をやって未来を変えていこうと考えるほうが、必ず明るい道が拓かれるはずですよね。

深夜になると、こんなモードになるんですワタシ

 

 

 

 

 

 

 

 

クラフトパートナーズ http://www.craht.net/

 【生い立ちビデオ・結婚写真 / 株式会社クラフトパートナーズ】


BACK TO TOP